Music その他ライフスタイル 文化村スタジオ 連載

過去と未来の狭間で・・・権利と責任、”未来の義務”への備えについて

子供の頃、FUJIカセットの懸賞で頂戴したA4ルーズリーフバインダー 。
現在は作・編曲メモ用として使用・・・それにしても物持の良い私。
このFUJIカセットの懸賞、YMOがイメージボーイ?だったという・・・時代だね。

先日も話題にした腕時計(小学生の頃に買ってもらったもの)の電池交換はとりあえず無事終了。 

無事復活! ・・・”今”の時を刻んでいるという感動。

小学生の頃の時間を取り戻した気分。

それはさておき、”取り戻した”と言えば・・・

かつて書いた曲の権利も含め、やっと自分の手元へ戻って来ました。 

そんな訳で、音楽への思いが再び高まりつつある。

ルーシーも含め、今後はCD、ないしは音楽配信等で聴いて頂ける機会も増えると思います。

まあ、全てリマスタリングや再録音等を行うつもりなので、もう少しお時間は頂きますが・・・。

全て自分でやってみたいと思っている・・・世の中の動向として、今後はそうしたスタイルが増えてくるのではないだろうか?

口うるさい頑固ジジイにでもなった際、「そんなこと、わしゃ出来ん!こちとら芸術家であって録音技師じゃないんじゃ!」などと、世を呪って過ごす日々・・・そんな老後はゴメン!なので、ここらで何でも自分で出来る様になっておかないと・・・まあ、そんな感じ。

執筆・撮影:関口純
(c)Rrose Sélavy