文化村スタジオ 連載

スタジオの仕様をオンラインサロン対応にバージョンアップ! そして予期せぬ”断水”にまつわる精神的な疲労について。

カオスな状態の文化村スタジオ。
何か(機材)を壊さない様に、全体を慎重に回転させて行く。

本日、”オンラインサロンの配信スタジオ”としても対応させるべく、文化村スタジオの大々的な配置替え。

オンラインサロンは、”音楽””演劇”問わず、基本、ここから配信されることになります。

本来ならば誰かに手伝ってもらうところなのだが、コロナ対策を第一に考え、1人の作業。

その、あまりにも大量な機材&配線に、気が遠くなりそうになりながらも朝から格闘の1日。

これ、ちゃんと収まるのかなあ・・・

機能性を第一に考えてのレイアウトなので、一部収まらなくなるかも・・・

まだまだ明日も続く。

そういえば、本日午後、突然水が出なくなるという地獄?を味わいました。

どうやら水道管工事に伴う”断水のお知らせ”が私のところには知らされていなかった模様。

水道局に電話で問い合わせると、

担当者「まだまだ工事に時間がかかりますので、お水を持って行くとかなんとかします」

私「それならば、正直、却って面倒なので”水”は要りませんので・・・せめて、いつ頃、工事が終わるか知りたいのですが・・・」

担当者「それでは現場の担当者から、その辺のことを電話させますので、しばらくお待ちください」

電話を待っていると、ピンポーン!の音。

なんと、「これでなんとか・・・」ってな感じで、電話で「いらない」と””ハッキリと”お断りしておいた”2ℓの水×3本”を持って来てくれたのだが・・・

私「先ほども電話でお話させて頂きましたが、水は必要ありませんので」

工事責任者「ここに置いておきますので、使ってください!」

私「要りません!」

工事責任者「置いていきますので、使ってください!」

私「折角ですが、却って面倒なので、お持ち帰りください」

工事責任者「・・・置いていきます!」

私「・・・」

ありがたなんとかと言うか・・・全くこちらの話には耳を貸さないのだ。

樹木希林さんの気持ちが良く分かる・・・いらないものはいらないのだ

”こうした場合はコレ”みたいなマニュアルでもあるのかなあ・・・

芝居でもそうなのだが、”セリフを覚えて大きな声で喋れば良い”と思って疑わないのがいるが、今って”そういう時代”なの?

水(2ℓ)のペットボトルを3本も頂戴したのだが、なんだか心がモヤモヤするのです。

身体も心も妙に疲れた1日。

執筆・撮影:関口純
(c)Rrose Sélavy