ルーシーの衣装 特集:ルーシー・フラワーズ2022

【衣装解説】『ルーシー・フラワーズ』のワードローブ <第5回 シー>①

楽劇座『ルーシー・フラワーズ』シリーズにおいて、見どころの一つである衣装

ここでは一人一人に注目して、衣装の魅力を解説していこうと思います。

第5回となる今回は、ちょっぴりブラックな青い髪の毛の女の子・シー(演:齋藤蓉子)さんです!

ふたりでひとつ♡ ルー&シー

シーさんと言えばルーさんと並んでこのシリーズを代表するキャラクター。

『ルーシー・フラワーズ』の『シー』の部分を担うのが彼女です。(誤解されがちですが「ルーシー」という人物は登場しません)

この衣装解説のページでも、毎回いちばん上に表示されているタイトル画像にルーとシーの衣装が並んでいますね。「そうだっけ? 」と思われた方はぜひページを上にスクロールしてもう一度見てみて下さい。

いかがです? ただ衣装が並んでるだけなのに、これだけでもう二人がどれほど仲良しなのかが伝わってきます。

劇中の楽曲『明日もハレルヤ』の歌詞で「ひとりじゃなく ふたりでひとつなの♪ 」と歌われているように、ルーとシーはいつもワンセット。

衣装もそれを表すように、2人とも色が違うだけでそっくりお揃い♪

……。

……。

……。

……なんて思っていませんか?

確かに、ルーとシーの衣装は『おそろい感』があります。でもひとつ確かな事を言うと、ルーとシーの衣装でまったく同じアイテムは(色違いも含めて)一つもありません。

ブラウスもカーディガンもみんな違います。ブラウスひとつ取っても選んでいるアイテムはもちろん、何よりその着こなしがルーとは全く違うんです

これまでの衣装解説でもわかる通り、衣装にはその役柄が様々な形で表れます。どうぞ衣装とご一緒に、そこから感じられる『シーらしさ』も味わっていって下さいませ。

ちいさなオシャレがいっぱい!

シーと言えば印象的なのが、鮮やかなブルーのカーディガンと明るい水色のショートヘア。爽やかなブルーはシーのトレードマークですね。もちろん前髪は切りすぎ……ではなく、サイドが伸びただけ! です。

カーディガンから出した丸い襟には柔らかい色でお花が刺繍されていて、ギャザーが寄せられたチュールレースがふんわり平らに広がります。

こうして見ると土台の襟はすっきり細めで、レースが広がることでボリュームが追加されているのがわかりますね。

ルーさんの襟はシンプルな形なので(詳しくはルー編をお楽しみに! )デザインはガラッと違うのですが、2人並ぶと『おそろい感』がうまれるという絶妙なバランスです。

ところで上の写真。客席からはなかなか確認できない僕の推しポイントが確認できるのですが、みなさまお気付きでしょうか?

実はですね、なんと……

カーディガンの一番上のボタンだけハート型なんです! あらやだおしゃれ!

こうして観察してみるとシーさんの衣装ってなかなか装飾的じゃありませんか? ……いや、アリスママの次だからそう感じにくいかもしれませんが、あの人とはまた違った意味で。

お裁縫の得意な子供や、上品なおばあちゃんが楽しんでやりそうなオシャレを何気なくやっているんですよね。

家事が得意で遊びも大好きなシーさんだから、もしかしたら自分で刺繍したのかも……? ボタンも自分でお気に入りを付けたのかも……?

舞台上で垣間見えるルーとシーの日常はとっても楽しそうですが、衣装から想像が膨らむとますます2人の生活に憧れちゃいます。

足どりはふんわり軽やかに♪

ボトムスはサロペットのワイドパンツ。そう、スカートじゃないんですよ! 舞台でご覧いただいたお客様の中にはスカートだと思っていた方いらっしゃるんじゃないでしょうか。

スカートみたいにふんわり軽やかに揺れるのに、ほどよく控えめで邪魔にならないボリュームです。

実は舞台でのシーさんって、他の人の台詞の裏でいろいろな事をしてるんです。

食器を下げたり、食事の支度をしたり、八の字眉幸子さんを慰め(るフリをしてからかっ)たりしながらしっかりルーたちの話を聞いて「なるほど~」「おお!」「確かに!」などの適切な相槌を打つのです。その様子はさながらマルチタスクの鬼! (八の字眉幸子さんには別の意味で鬼)

しかもその動きが縦横無尽かつとっても滑らかでリズミカル。シーさんの軽やかなステップを見ると、このボトムスも納得できてしまうこと請け合いです。

動きやすい服だから軽やか……というより、軽やかな人だから服がこうなって出てきたような気さえしてきます。う~んニワトリが先? タマゴが先?

さて、シーさんの衣装をトップスからボトムスへと一通り見てきましたが……まだ言い足りないことがあります。それも2つ。

そしてそれはどちらもシーさんの全体を見た後だからこそ納得できるポイントなのです。

まだ詳しく紹介していない細部のアイテムにも、そしてもちろん今回の写真の中にも含まれている、『シーらしさ』の秘密。それは一体なんでしょうか?

続きは次回、後編で。次回もどうぞご期待ください!

こちらもCHECK

【衣装解説】『ルーシー・フラワーズ』のワードローブ <第3回 アリスママ>①

続きを見る

執筆:大向しんじ
(c)Rrose Sélavy