オンラインサロン 文化村スタジオ 連載 配信

【10月16日「文化村サロン」予告】新劇運動と木曽・妻籠宿&演劇的テクストとは?/23時間耐久レコーディングの思い出など

文化村サロンの発信場所「文化村スタジオ」

僕にとっては、音楽も演劇も社会学も哲学も文学も政治も生活作法も、全て同じ文脈の上にあるんだよねえ。その辺りをなかなか理解してもらえないことが多いんだけど。

だから、フーコーもボードリヤールもブルデューもモリエールもブレヒトもドビュッシーもストラビンスキーもメシアンも武満徹もカラヤンもゴダールもYMOも間抜けな政治判断もお茶もケーキも、僕の中では全て関係あるんですよ。

分かるかな? 分かんねえだろうなあ〜 と、若干、”松鶴家千とせ”な気分の私。

今週の文化村サロン予告

そして、以下、今週末(10/16)の”文化村サロン”のお品書きです。

演劇系トピックスでは、

1 新劇(踏路社)運動が戦中・戦後の木曽・妻籠宿でアマチュア演劇としてどのように展開されていったのか? について。

2 ”脚本”と”台本”の概念と、テクストと演技の関係、それを結びつける演出の役割について。

を、実演?を交えてお話します。

音楽系トピックスでは、

楽劇座公演をご観劇の皆様にはお馴染み?の某楽曲(今まで著作権の都合であまり扱えなかった私自身のかつての音源)や、それに伴う大手レコーディングスタジオでのレコーディング秘話などについて。また、それらに影響を与えた楽曲やその編曲について、音源を交えてお話したいと思います。

「文化村サロン」の詳細・ご入会はこちら!

こちらの内容は10月16日(日)20時〜の配信となります。

ご覧になりたい方は、10月16日19時までに下記のページよりにお申込みください。どのコースでもご視聴いただけます。

生配信をご覧になれる方は、直接の質問も可能です!(ご予定が合わない方は、アーカイブ配信をご利用ください)

「文化村サロン」配信を見る

詳細・申し込み

※リンク先ページ下の「プランを選択」からお申し込みください。

詳細はこちら

【月額サブスク講座/個人レッスン/コンサルティング】『ゼロベース思考の演劇術』Online 表現の教室

続きを見る

執筆・撮影:関口純
(c)Rrose Sélavy

【オンライン】クリエイティブ実践講座・個人レッスンのご案内

CHECK

【オンライン】クリエイティブ実践講座・個人レッスンのご案内

続きを見る

なくなり次第終了!公式LINEで初月10%OFFクーポンもらえる!友だち追加