KIDS お悩み相談室

【演劇お悩み相談室】第10回/子役キャスティングの基準を知って、オーディションに受かりたいです!

創る×遊ぶ!クリエイターのライフスタイルWebマガジン「Rrose Sélavy ONLINE」は演劇関係・音楽関係の読者様も多く、よくご質問をいただきます。

そこで読者の方から寄せられた、演劇や音楽についてのさまざまなお悩みにお答えするべく【お悩み相談室】をオープンすることにしました。

スキルアップ・創作術・進路についてなど、専門家ならではの視点でお答えします!

第8回をCHECK

【演劇お悩み相談室】第8回/子役活動をしている子供のTwitterやインスタグラム…SNSの管理はどうすればいいですか?

続きを見る

今回のお悩み

子供がなかなかオーディションに受からず、残念に思っています。
子役キャスティングの基準があれば知りたいです。

今回は、大手児童劇団の演技レッスンを担当し、有名子供番組のキャスティングを務めたこともあるKさんに伺った内容をもとにお答えします。

子役で1番大切なのは…

キャスティング担当が子役に求める1番大切なことは「ものおじしないこと」で、「これやってみて」と言ったときに、すぐにやってみる子をよく採用していたそう。

機嫌が悪くなると泣いてしまったり、いつまでも恥ずかしがってなかなか動かない子は、時間が限られることが多い現場では困ってしまうこともあるので、例えいい子でもキャスティングしずらいとのことでした。

そのほかに重視すること

また、キャスティングの際にそのほかに重視していたのは以下のことだそう。

ポイント

・歌のキャスティングなら歌が、演技のキャスティングなら演技が、ある程度できるか
・役の年齢やイメージに合っているか
・基本的な健康管理はできているか(風邪などを頻繁にひく子だと現場に穴を開ける可能性も……)
・親御さんがきちんとした常識のある方か

親御さんへの注意事項は「演劇お悩み相談」第6回で取り上げていますので、そちらも参考にしていただくといいかもしれません。

こちらもCHECK

【演劇お悩み相談室】第6回/子役の親として気をつけることはありますか?

続きを見る

慣れが大切・売り込みすぎに注意!

まずは人前で堂々と話せたり、動けたりするように日々のレッスンで慣れておくことが重要です。

また余談ですが、「うちの子はできます!」「うちの子は可愛いです!」というアピールを過剰にしてきたり、「どうしてうちの子はオーディションに落ちたんですか?」「どうしてうちの子はこの役なんですか?」としつこくたずねてくる親御さんは困ってしまうそうなので、気をつけるようにしましょう。

まずはお子さんが「人前で表現するのって楽しい!やってみたい!」と思えるのが、1番大切なことではないでしょうか。

個人レッスンやコンサルも受付中です!

Rrose Sélavy ONLINEでは、オンラインで演劇が学べる【『ゼロベース思考の演劇術』Online 表現の教室】を開講中!

週1回のオンライン配信では役者の基礎としても大切なオーディション対策から芸術の一般教養まで幅広く学べるほか、個人レッスンでは個々の課題やレベルに合わせた丁寧な指導を受けられます。

また、個人レッスン&コンサルでは子役のレッスンや、お父様・お母様からのご相談もお受けしています。子どもミュージカル「アニー」に毎年合格者を輩出するなど、子役の指導にも定評のある担当者がおりますので、お気軽にご相談ください。(オーディション前のみの短期レッスン等も可能です。)

詳細・お申し込みはコチラ【オンラインサロン/個人レッスン/コンサルティング】『ゼロベース思考の演劇術』Online 表現の教室

続きを見る

ーーーーーーーーー

※あくまでも編集部の現時点での見解であることをご了承ください。

※演劇や音楽など、クリエイティブに関するお悩みがあれば、お気軽に公式TwitterのDMまたは公式LINEまでお送りください。もしかしたら、【お悩み相談室】でお答えするかも!?

書類審査編もCHECK

【演劇お悩み相談室】第2回/オーディション対策!写真は?書き方は?<書類審査編>

続きを見る

監修:Rrose Sélavy
執筆:編集部
(c)Rrose Sélavy

オンラインサロン・個人レッスン・コンサルティングのご案内