Music 文化村スタジオ 連載

”大人の嗜み”アナログレコード 〜 自分だけの “大人レコード” を探そう!編〜

こちらが付録?のポスター。
ああ、懐かしい!

懐かしいレコードを買った。

YMOの『X∞マルティプライズ』。

このアルバムは、謂わば海外向けに作られたベスト盤だと聞いたことがある・・・それの日本発売盤。

ちなみにベスト盤とは、幾つか(実際のところ、このアルバムに関して言えば2つだが)のアルバムの中から”良さげ”な曲をピックアップしたものをそう呼ぶ。

要するに、有名どころの曲を集めた ”初心者にはお得なレコード” である。

これを小学生の時に買ってもらったのがYMOとの本格的な出会いと言って良いだろう。

記憶が定かではないが、確かこの前にシングル盤『テクノポリス』を購入していた様な気がする。

で、この後、立て続けに『ソリッド・ステイト・サバイバー』を手に入れ、第二回ワールドツアーの日本武道館公演にも連れて行ってもらうという、なんとも素早い身のこなしと申しましょうか・・・まあ、この辺りは親に感謝ですな。

まあ、それは兎も角、この『X∞マルティプライズ』なるレコード、中に折り畳まれたポスターが封入されているのだが、これが小学生にとってはなかなか刺激的で、部屋に貼ったり、切り抜いてカセットのラベルを作ったりしたものだ。

ところが最近、どう言う訳だかこのポスターをどうしても手に入れたくなってしまった。要するに仕事場(スタジオ)に飾ろうと企んだ(思った)訳だ。

そこで、メルカリやら中古レコード店やらのサイトを見ているうちに、まあまあ安くて良さげなものを発見! そして注文。

まあ、この様にして遥々、大阪から我が文化村へやって来た訳でございます。

ジャケットから中身まで、ハッキリ言って、新品と言われても信じてしまうぐらい綺麗な状態。とても40年前のものとは思えない。

もちろん、レコードにも針を落としてみる。

何故か音も良いのだ。

我が家に現存している『ソリッド・ステイト・サバイバー』は、何故かこれに比べて音が悪い。単に聴き過ぎだろうか? でもなあ・・・昔はレコードを購入すると”擦り切れる”のが嫌という理由から、直ちにカセットテープにダビングして、そっちばっかり聴いていた筈だから・・・謎だ!

まあ、小さなお金で “小さな幸せ” を手に入れられた訳だ。

そうだ、こうした”時代背景込み”のレコードを ”大人レコード” と呼ぼう!

”歌は世に連れ世は歌に連れ”とはよく言ったものですが、そうした ”音楽” と ”世の中” の移り変わりを感じられる様になるには、それなりに年を重ねる必要もあるだろう。

ならば ”ノスタルジー” は大人の特権と言えなくもない。すれば、子供の頃に好きだったレコードを探し出し、一人、そっと針を落として耳を傾ける時間は ”大人の嗜み” とでも言ったところだろうか。

レコードプレーヤーも数千円から手に入る様になった昨今、かつて”少年少女”だった皆様に、是非ともお勧めしたいのが ”レコード探し” & ”レコード鑑賞” という次第であります。

要するに、”探し” て ”聴く” という一連の行為こそ “レコードの醍醐味” と言えるのではないでしょうか?

執筆・撮影:関口純
(c)Rrose Sélavy