Music その他ライフスタイル 文化村スタジオ 連載

音声配信打合せ&レコードあれこれ(”灯台下暗し”編)

レコード&LDが収納されたラック。
レコード(LP)は10代の頃に買っていた程度なので、200枚ぐらいしか所有していない。ほとんどがクラシック(オーケストラ)。

近々、音声配信の収録があるので、段取り等の打ち合わせを少々。

それにしても、レコードプレーヤーの音がどうしても納得いかない。昨日(既に今日)も朝方まで色々調べてみたところ、その理由を”アース”にあると見た私。

早速、使わなくなって久しいプレーヤー(奇跡的に1台だけ取っておいた)を引っ張り出してきた。確か、20年ぐらい前に購入したもの・・・実は、現在使っているものより下位のモデル。

要するに、この古いプレーヤーには”アース”が付いていたのだ(現在使用しているものには付いていない)。

まあ、若干、アームが傾いていたりしたものの、そこはちょっとばかり”力技”でほぼ真っ直ぐに(笑)

で、配線。

針は、現在使っているプレーヤーと共通のモノだったので、それを移し替えて万事完了。

昨日のチェックで用いた・・・”出しっぱな”とも言う・・・レコードをかけてみる。

素晴らしい! 完璧!!

と、言いたくなるほど”音”が見違えた。

幾ら安物とは言え、これぐらいの音は出てくれなきゃ嘘だ!

最近のお安いプレーヤーは、ゴツいアンプで大きなスピーカー(木製で、1m以上の高さがある”めちゃくちゃ重たい”タイプ)を鳴らすなんてシチュエーション、そもそも想定していないのだろうなあ。

内臓のフォノイコライザーをオンにして、アンプの”TAPE”や”LINE”にケーブルを差し替えてみたりして、様々なパターンを試してみたが全くダメ。

結局、”アース”付きプレーヤーで解決。

まあ、それはさておき・・・

色々調べてみると、一般的な機材購入時の予算配分から言えば、うちのシステムに合わせるレコードプレーヤーだと15万ぐらいのものが正解らしい。

なるほど〜。

でも、”安物”だって大丈夫! 

音量をかなり上げたって、低音の”ブ〜ン”という変な音が鳴ることもなく、ちゃんと”普通”に鳴ってくれましたよ! ・・・当たり前か(笑)

嬉しくなっちゃったから、中古のレコード注文しちゃった! なんと、自分が生まれて初めてお小遣いで買ったアルバム。

そのうち、レコード紹介する時にでも改めて書こうと思います。

執筆・撮影:関口純
(c)Rrose Sélavy

【オンライン】クリエイティブ実践講座・個人レッスンのご案内

CHECK

【オンライン】クリエイティブ実践講座・個人レッスンのご案内

続きを見る

なくなり次第終了!公式LINEで初月10%OFFクーポンもらえる!友だち追加