クリエイター紹介

関口 純 /Jun Sekiguchi

音楽家&劇作・演出家 / 法政大学地域創造システム研究所特任研究員 / 公益社団法人日本演劇協会会員 / 日本演劇学会会員

Instagram Twitter

東京都新宿区出身。小学生の頃よりピアノを学び、10代より音大教授のもとでクラシックの作曲技法を学ぶ。大学の授業で出会ったフランスの近・現代演劇に興味を持ち、自らの音楽作品に演劇的要素を持ち込むべく、戦後日本演劇の重鎮・津上忠氏のもとで演出助手を務めるなど演劇の研鑽を積む。

2000年、日本テレビ音楽株式会社 顧問(事業開発プロジェクトアドヴァイザー・サウンドプロデューサー兼任)に就任。オーディションの企画・審査員等、新人発掘に関わるかたわら、サウンドプロデューサー(作・編曲家)&ミュージシャン(キーボーディスト)としてレコーディングに参加。

2010年以降は、楽劇座の芸術監督として劇作・演出・作曲に専念し、2012年のTheatreRroseSélavyオープン以降は、自らの劇作・演出・作曲による前人未到の毎月連続公演を8年間に及び敢行。2020年2月、通算100公演(改訂再演版含む100演目)を達成。そのオリジナリティ溢れる音楽と演劇の融合された作品は「演劇を聴く」「音を観る」と評されている。

2019年9月より、演劇動画ニュース『エントレ』(株式会社ヴィレッヂ)にて「演出家コラム」連載中。また、アーティスト活動と並行し、法政大学地域創造システム研究所特任研究員として”芸術創造と社会活動”についての研究活動に従事。

五條なつき /Natsuki Gojo

舞台女優/美容研究家

Instagram Twitter

広島県出身。玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科卒。152cmという小柄な体格を生かし、元気な女の子や妖精・動物など幅広いキャラクターを演じている楽劇座の看板女優。

8年間を通してメインキャストとして毎月舞台に立ち続け、100演目連続での出演を達成した。

代表作は『七つの大罪 そして…』ちび太役、『<2.5次元ミュージカル>マカロンちゃんの憂鬱』シリーズのマカロン役(主演)、『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた』シリーズのルー役(主演)など。

2018年からは演劇動画ニュース『エントレ』(株式会社ヴィレッヂ)にて、役者初心者や観客のための「役者コラム」を不定期連載中。

舞台で役柄を演じる中で衣装やメイクでキャラクターを演出できることにも興味を持ち研究を重ねる。2019年からは美容研究家として女性向けメディア『Pouch』(ソシオコーポレーション)で連載「舞台女優の溺愛コスメ」「マスクdeハロウィンメイク」等を舞台女優ならではの視点で執筆中。

大向しんじ /Shinji Omukai

ヴィジュアルイメージクリエイター/舞台俳優

Instagram Twitter

青森県八戸市出身。12月25日生まれ。愛称シンディ。

小道具や衣装の制作、舞台装飾、ヴィジュアルプロデュースに至るまで、その独自の目線から繰り広げられる唯一無二のクリエーションは、”目に見えぬもの”から”目に見えるモノ”を生み出すアーティスティックな大人メルヘンの世界。

特に作品コンセプトに基づくヴィジュアルイメージ作りには定評があり、ミュージカル『Beats!』(出演:大薮丘・早見優 他)では小道具・装身小物の製作、『Ma Vie ~20e Anniversaire~』(出演:中村香織/ゲスト:麻乃佳世)では衣装ドレス装飾製作、ショートアニメーション作品『君の名前がよべるまで』(2016年スカパー!にて放送)では脚本・映像制作・出演を担当するなど、幅広い創作活動を展開している。

また、舞台俳優としては自身のリバーシブルなトランスジェンダー性を活かし、素朴な少年、慇懃な青年、同性愛者の女、調子のいい男、さる城の姫、猫など年齢や性別に捉われない様々な役を演じている。

主な出演作は『めぐみへの誓い -奪還-』 崔少年 役(政府主催 拉致問題啓発舞台劇公演 劇団夜想会)、『ルーシー・フラワーズ』シリーズ(楽劇座)アリスママなど。

齋藤蓉子 /Yoko Saito

舞台女優/演技講師

静岡県出身。高校生の頃から演劇部に所属し、”演劇”の楽しさに目覚める一方、在学中に出場した全国弁論大会をきっかけに「どう話せば人に伝わるのか」に興味を持ち、玉川大学芸術学部パフォーミングアーツ学科に進学。

大学在学中の2014年、楽劇座に入団。研究生時代から人気シリーズ『<2.5次元ミュージカル>マカロンちゃんの憂鬱』メインキャストのキャラメル役に抜擢されるなど、以降、楽劇座作品の中枢を担ってきた。

その天性の”美しい声”と”リズム感”を生かし、正統派の役からコミカルな役まで幅広く演じ分ける。代表作は『マカロンちゃんの憂鬱』キャラメル役、『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた』シー役(ダブル主演)、『有栖川家の密やかな愉しみ』ウサギ役など。

また「THEATER Rrose Sélavyプロデュース公演」等では、若手俳優の演技指導も担当。特に、演技初心者にもわかりやすいセリフ術の指導には定評がある。

めいる /Meiru

イラストレーター

Instagram Twitter

神奈川県在住。

親族に画家がいた影響で、幼少の頃より絵を描くことに親しむ。現在は”筆”を”iPad”に持ちかえ、POPで優しい”ゆるかわイラスト”から少女漫画のような”煌びやかなイラスト”まで、媒体に合わせたさまざまなスタイルで描き分けることを得意とする。

楽劇座の人気シリーズ『マカロンちゃんの憂鬱』のイラストコンテスト参加をきっかけに、楽劇座公式イラストレーターに就任。

プライベートでは一児の母として、慣れない育児に奮闘中。

現在は育児の合間を縫ってイラストに勤しむ生活。

大好きな舞台関連イラストのほか、育児に関する”お役立ち情報”や”失敗談?”など、日常のささやかな体験を ”ゆるかわイラスト”に乗せて不定期発信中!

人気記事

1

私にとっては2台目となるこのProphet-5は、1996年に原宿のヴィンテージ・シンセサイザーSHOPで購入しもの。 ぼちぼちと音楽の仕事なんぞをする様になっていたこの頃、まあ、ちょうどMac +V ...

2

いつもは”創造”という言葉を使うことが多いのだが、私の中でこの”創造”は、ちょっとばかりマクロな視点からのモノ創りというか、些か観念的なニュアンスを持つ。 一方、”創作”と言った場合は、実際に手を動か ...

3

手持ちのコスメがイマイチだな、と思ったときには新しいコスメを買う……のではなく、メイクブラシを変えてみる。 メイクは道具が大切とよく言いますが、それは本当だと思います。メイクブラシを変えるだけでプチプ ...

4

さて、いよいよ本日が当サイトの正式オープンということで、“もの創りの教科書”をコンセプトとしているサイトである以上、その辺りについては少し触れておかねばならないだろう。 一応、本サイトは“演劇”と“音 ...

5

「舞台メイクのとき、どんなコスメを使えばいいですか?」というのは、よくいただく質問のひとつです。 1番のオススメは、やっぱり舞台専用のコスメを使うこと。三善やチャコットは有名ですよね。舞台上での状態を ...