ルーシー日誌 特集:ルーシー・フラワーズ2022

【オンライン公演「ルーシー・フラワーズ」編集日誌1】映像だから八の字眉幸子を増殖させてみました

皆様こんにちは! 楽劇座の五條なつきです。

楽劇座のオンライン公演『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた』……コロナ禍の影響で公演が中止になり、オンラインで実施するとになり、いつもの舞台とは勝手の違う撮影や編集に追われています。

実はキャストとして出演するほかにも、映像演出を担当している私。

「せっかくなら映像でしかできない表現を!」と、テロップやイラストのアニメーションを入れたり、せっかくなら楽曲シーンも凝りたいと思い立ち……

当初、映像の編集がこんなに時間がかかるものだとは思っていませんでした。

「公開はまだなの?」とお問合せくださるお客様、お待たせしてしまい大変申し訳ありません。

今、担当スタッフみんなで最終段階の音声の調整を頑張っているところなので、詳細公開までもう少しお待ちくださいませ!

そしてせっかくなので、編集に関する途中経過も日誌として書いてみることにしました。

公開までの間に読んでいただくと、実際の公演を観るときの楽しみが増えるかもしれません!?

ーーーーーーーーーー

実は今回、映像で1番遊んでいるのが音楽のシーン。

お芝居のシーンは映像を合成するときにセリフのタイミングを合わせるなどの細かい調整が必要なのですが、音楽シーンは各自がグリーンバックで踊って撮影したものを合成しているので、そこまで細かい調整を気にせず素直に遊べるパートなのです。

とくに分かりやすいのは、八の字眉幸子のおなじみの曲『ハンガリアン狂詩曲 〜リストに恋したエトランゼ〜』でしょうか。

ルーシーの舞台をご覧になったことがある方はお分かりかと思いますが、この曲は最後にみんなで狂ったように踊りまくるのが楽しいんですよね♪(役者としては全力で動き続けるので結構大変なシーンなのですが)

この狂気的な踊りを映像で表現するために、映像演出をしている私が思いついたのは……ルーシーと八の字眉幸子を画面いっぱいに増殖させること。

想像してください、あなたのスマホやPC画面いっぱいに増殖し続ける八の字眉幸子を……(笑)

関係者にテスト映像を観てもらうと、大体みんな大笑いしてくれるので、個人的には「成功した!!」と思っているシーンのひとつです♡

ルーシーファンの皆様が、そして初めてルーシーをご覧になる方が(笑)どうご覧になってくださるか、今からとても楽しみにしています!

舞台だからこそできる楽しい表現ができないのは残念ですが、映像だからこそ挑戦できる新しい表現もたくさんあるので、本編ではぜひその点にもご注目くださいね。

 

第2回もCHECK

【オンライン公演「ルーシー・フラワーズ」編集日誌2】タイミングのずれ=レイテンシー問題について

続きを見る

執筆・撮影:五條なつき
(c)Rrose Sélavy

オンラインサロン・個人レッスン・コンサルティングのご案内