ビューティー 楽屋のひとりごと 連載

大容量のメイクブラシ収納を考える!「ザツールラボ」のプロ用メイクブラシポーチを使ってみた

舞台女優という職業柄、そして美容研究家としてメイクを研究していく中ですっかりメイクブラシの優秀さの虜になってしまった私。

以前は「メイクさんって、なんであんなにたくさんメイクブラシ持ってるんだろう?あんなにいる?」と思っていたのですが、メイクブラシのチカラを知ってしまった今では自信を持って言えます……

「メイクブラシ、たくさんいるよ!!」

悩ましいメイクブラシ収納問題

毛質や形でメイクの仕上がりが変わるので、メイクブラシ沼にハマるとコスメよりもメイクブラシを購入しがち。そして気がつけばメイクブラシが大量に……!

しかも、それぞれ役割が違う&ちゃんとお手入れすれば長持ちするので捨てることなく増えていく一方なんですよね。

本数が少ないうちはメイクブラシ立てに立てて整理していたのですが、本数が増えてくると

・ぎゅうぎゅうになって取り出しにくい
・目的のブラシがすぐに見つからない
・ブラシ部分がくっついて、メイクブラシが痛みそう

という問題が発生したのです。

そこで、メイクブラシをさっと見渡せて、ホコリからもブラシを守れる大容量のメイクブラシポーチを探すことにしました。

ところが、意外と理想のものが見つからず……サイズが理想と違ったり、収納できる本数が少なすぎたり。

探しに探して、韓国のメイクツールブランド「THE TOOL LAB(ザツールラボ)」のポーチをQoo10のメガ割で購入しました!

大容量のポーチを!

私が買ったのは「905 アーティストポーチ」。ゴールドの見た目も可愛い♡

たたんだ状態だと220mm×160mmですが、広げると横幅は810mm! 私が調べた中では1番大容量で、35本以上のメイクブラシを収納できます。

これなら、ちゃんと仕切りがあるので目的のメイクブラシを探しやすいし……

ブラシ部分を守るカバーも付いている、理想の形でした♪

個別のカバーも

ちなみに、ボリュームのある天然毛や大きめで毛先が広がりやすいブラシは個別のカバーもセットしています。

カバーを付けるとどのブラシなのか区別しにくくなるのが欠点なのですが、長く使いたいブラシは毛先を保護することが大切。なので、ブラシカバーは私にとって外せないアイテムです。

使いやすい〜!

横幅が長いので広げるとスペースをとるのがちょっぴり大変なのですが、手持ちのメイクブラシが一度に見渡せるようになったので使い勝手が抜群によくなりました♪

もう少しコンパクトなメイクブラシポーチが欲しい、という方は同じデザインで横幅が410mm(12本以上収納)のタイプもありましたよ〜!

メイクブラシを使いやすくする収納にお困りの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

参考リンク:THE TOOL LAB
執筆・撮影:五條なつき
(c)Rrose Sélavy