キャストインタビュー 特集:ルーシー・フラワーズ2022

【『ルーシー・フラワーズ』キャストインタビュー】シー役:齋藤蓉子

2022年12月10(土)〜2023年1月10日(火)まで開催される<ルーシーフラワーズ・フェスティバル/大盤振舞>

このフェスティバルの中で初配信される新作のオンライン公演「ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた 〜時代はもはや、医療崩壊ならぬ童話崩壊をも生み出すのだ!の巻〜」の出演者たちにインタビュー!

今回はシー役を演じた齋藤蓉子さんに演じた役や作品の見どころについて語ってもらいました。

公演詳細をCHECK!

【12月10日〜1月10日】楽劇座10周年記念イベント「ルーシーフェスティバル/大盤振舞」オンラインで開催決定!

続きを見る

あなたが演じたシーはどんな役ですか?

私が演じるシーはハンバーグで例えるなら「卵」や「パン粉」!!! ……つまり、「つなぎ」の役割をしているキャラクターだと私は思っています。ハンバーグも丸める時につなぎがなければポロポロと崩れていってしまいますよね。シーの役割もそれです(笑)

もうちょっとわかりやすく言うとシーの場合は、他のキャラクターの台詞と台詞の「間(ま)」をそっと、絶妙に、“自然と流れるようにつなぐ”のがお仕事だと思っています!

決して台詞量は多くないですが、色んなところでちょこちょこ出てくるシーにぜひご注目ください♪ あと、時々ブラックなところもお見逃しなく(笑)

衣装のポイントは?

今回はリモートでほぼ上半身しか見えないので、上半身のおすすめポイントを……。

シー的お気に入りポイントはカーディガンからチラ見せしているふわふわ大きな襟元です!繊細なレースとお花の刺繍が可愛くて気に入っています♪

あと、カーディガンについているパール調のボタンは衣装用に全部付け替えたもので、自分で手芸屋さんへ行って見つけてきたボタン達なので思い入れがあります。(一番上のボタンだけは元々ハート型をしていて可愛かったので残してあるのがミソです!)

シーの衣装を見る

【衣装解説】『ルーシー・フラワーズ』のワードローブ <第5回 シー>①

続きを見る

役づくりで楽しかったことや、大変だったことを教えてください

今ではお決まりになったルーとのやりとりや決め台詞も初演時には演出家の純さんやルー役のなつきさんと試行錯誤しながら作り上げていきました。

「うふふふふ!」と息を合わせて笑うだけでも、どの音の高さで、どれ位の声量で、どんなテンポの速さで、といった無限の可能性の中から、お稽古を重ねていくうちに今の形に決まっていきました。

ですので、特に初演時は手探り状態から始めて大変な事も多かったですが、決まったパターンができてからは、ルーシーの2人でリズムや音がピタッと決まると気持ちよくて楽しかったですね!

お稽古の思い出を教えてください

個人的にシーは、リズム感と身体性が命だと勝手に思っていたので、お稽古中シーでいる間は常に少しかかとを浮かせて立っていました。今考えるとよくそれで立っていたなあとは思うのですが、体幹を鍛える為と綺麗な姿勢を保つために意識していたら勝手にそうなっていたという感じです(笑)

あと、ズサンク・リロッテさんからもらった怪しいお土産の箱をなんだかんだあって最終的にシーが舞台袖に投げたり蹴ったりするというシーンがあって、あそこも自分の身体能力を試されていましたね。リズム良く、くるっと回ってキックしてゴール!とか……。あの時ばかりはサッカー選手もびっくりな集中力をまとっていた気がします(笑)

コロナ禍の影響でオンライン公演になりましたが、1番大変だったことは?

ルーシーコンビはとにかくリズムが大事! 時差のせいで、欲しいタイミングで相手の台詞が来ない事へのもどかしさや、自分の台詞も届いていないんだろうなという歯がゆさがオンライン公演ならではの悩みでした。

音質的にも「もっと綺麗な音で声を届けたいのにー!」と悔しくなる気持ちもありましたが、今自分ができる環境で精一杯頑張ろうと切り替えて臨みました。

編集さんの力、そしてなつきさんとのコンビネーションを信じてなんとかやりきりましたので、ぜひ冒頭の2人のシーンにもご注目頂けたら嬉しいです。

自分の役で好きなセリフは?

「自由って素晴らしい!」

この台詞きっかけでラストの曲『魔法の呪文』が始まる大切な台詞です。シーにとってはもうお決まりの台詞で今までは何も考えず息をするかのように発していた台詞でした。

ところが!私が最後に出演させて頂いた公演が2019年……収録時にはおよそ2年のブランクがあり、今回「あれ?“自由って素晴らしい”の言い方違わない?」と純さんやなつきさんに突っ込まれてしまう始末。当たり前のように言っていた台詞だからこそ、考えれば考えるほど訳がわからなくなってしまい、迷宮に入りかけました。

なんとか、無事(?)収録は終わったのですが、「蕎麦屋は毎日蕎麦を作るから蕎麦屋なのだ」という純さんの名言を体感した台詞でもあったなあ、と。つまり「役者は毎日稽古や芝居をするから役者なのだ」って事です!

自分の役以外で好きなセリフは?

すっごくマニアックだと思うのですが、八の字眉幸子さんの「感激ですぅ〜!目から鱗が落ちました〜!昨日までの私に教えてあげたい」です。

これは初演時の台詞ですが「昨日までの〜…」以降は「あなたにも教えてあげたい」とゲストに呼びかける台詞に変わったり、「またまたまた目から鱗が〜…」とまたまたの数が増えたりと何度も変化をとげ、今では幸子さんのお決まり台詞になっています。

純粋に毎回ゲストを差し置いて激しく感動しちゃう幸子さんのちょっと空気を読んでない感がなんか幸子さんらしくて好きですね(笑)

でも、こんなに素直に感動できるってそれはそれで羨ましいというか…。本当に幸子さんというキャラクターは言葉で言い表せない不思議な魅力を持っているのでぜひ皆様にも彼女のパワーを目撃して頂きたいですね。

あなたの役の見どころ(見てほしいところ)は?

当初の予定では前半ルーと中継で話す場面しか登場しない予定だったシー。

しかし、撮影が進むにつれて「別撮りでリアクションを撮って後半部分にも使おう!」というご提案をして頂き、ありがたい事に後半にも登場させて頂ける事になりました。

八の字眉幸子やアリスママ、ヘンゼルちゃんグレてるちゃんとは撮影時ご一緒できなかったのですが、別撮りしたシーのリアクションが皆様の台詞の合間にどう組み込まれていくのか……まだ観ていないので、私もとっても楽しみにしています!

あなたの役以外で楽しみにしているシーンなどは?

今回ルー役のなつきさん以外とはほとんど撮影をご一緒していないので、他のキャラクター達のシーンがどうなっているのか……もう「全部」楽しみです♪

安定の八の字眉幸子さんのパワー溢れる演技はどうなってるの?(音は割れていないかな?笑)

シンディさん演じる見た目も中身もインパクト大なアリスママはどんな感じに仕上がったのかな?

そして今回のゲストのヘンゼルちゃん、グレテルちゃんのフレッシュな演技に期待せずにはいられませんね!

楽曲シーンの撮影はどうでしたか?

踊っている側としては「もうとにかく不自由でもどかしい~!」のひと言に尽きました(笑)

グリーンバックの広さにもよると思うのですが私の撮影環境の場合、手を思いっきり伸ばすとバックからはみ出してしまったり、移動で横に行き過ぎるとまたまたはみ出してしまったり……。

思考を変えて「腕を伸ばし切らなくても綺麗に見える角度はどこか?」「極力移動しないで大きく動いているように見せるには?」などを考えるようになりましたし、上半身だけで魅せる難しさも感じました。

こういう時、なつきさんのコロコロ変わる表情が生かされているんじゃないかと思います! 私も、もっと表情筋鍛えなくては~!!と実感した撮影でした。

今回の公演で、1番好きな楽曲とその理由は?

どれも名曲なので悩みますが…今回はラストに登場する『魔法の呪文』を推させて下さい!

ルーとシーが歌っている間に他の出演者の皆さんがペンライトを振ってくれるライブ感覚で楽しめる曲なのですが、有観客での公演時にはなんと一緒に手振りで踊ってくれるお客様もいらっしゃったり!(笑)

会場が一つになる何とも言えない一体感を生み出してくれる名曲で、まさに公演の最後にぴったりの曲だなと思います!

そして、歌詞がまた良いんですよ〜! 「晴れの日も雨の日もあるけれど同じ日は1日もない」。聴いていてすごく元気がもらえるメロディーと歌詞なのでどうぞお楽しみに!観劇の際はぜひ一緒に盛り上がりましょうね♪

ご覧になってくださるお客様に一言!

まずは、数ある演劇作品の中から「ルーシー・フラワーズ」を見つけてくださってありがとうございます!

今回は久々にシーも参戦しますよ~!!オンライン公演ならではのしかけ(イラストや文字とのコラボレーション)がどんな風に炸裂するのか私もとっても楽しみです♪

お悩み相談にやってくるゲストと共に、観劇してくださるあなたの元にもぜひ「自由」が届くと良いなと思います!ルルタタ、ルルタタ気にしない♪

それでは、画面の向こうでお会いしましょ~!

関連特集

2022オンライン公演「ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた」フェスティバル特集

続きを見る

2022年12月10日〜2023年1月10日「ルーシーフェス/大盤振舞」開催決定!

公演詳細を見る

詳細・チケットのご予約はこちらからチェック!

※舞台写真にはコロナ禍前の稽古時に撮影したものが含まれます。改訂前の脚本を元に撮影したものですので、今回公開される作品とは内容が異なる場合がございます。

執筆・撮影:編集部
(c)Rrose Sélavy

【オンライン】クリエイティブ実践講座・個人レッスンのご案内

CHECK

【オンライン】クリエイティブ実践講座・個人レッスンのご案内

続きを見る

なくなり次第終了!公式LINEで初月10%OFFクーポンもらえる!友だち追加