Music 文化村スタジオ 連載

”僕だけ"のステレオ。

下が、今でも使っているパイオニア製のアンプ。上も同じくパイオニア製のCD(LD兼用)プレーヤー。

今でも、母と祖母に心から感謝しているのが、小学生(中学生になった頃だったかも・・・)の時に買ってもらったステレオ。

私があまりにも音楽に夢中(毎日、時間の許す限りレコードを聴いていた)、且つ、熱心だったので「少しちゃんとしたモノを買ってやろう」ということだったらしい。

ステレオは、ラジオ・アンプ・カセットデッキ・レコードプレーヤー・スピーカーのセット・・・ちなみにパイオニア製。

今から考えると、かなり大掛かりなセット。

実際、サイズ的にも大きかった。

レコードプレーヤーも、木製のボディで、”重さなんかを調整”したりなんかして使う本格派。

スピーカーも腰辺りまである様な大きなもの。

ラック(2つ)もセットで、ステレオセットを並べると、左右のスピーカーの端から端まで”約2メートル”はあっただろうか。

近所の商店街にあった電気店の店頭品処分だったかバーゲンだったか・・・とにかく”お買い得”だったらしい。

その電気店、ミキシングエンジニアのKさんがアルバイト?していた。

そのKさん、今をときめく松原みきさん(少し前、40年前の楽曲「真夜中のドア」で海外チャートを賑わせた)のレコーディングや、「まちぶせ」で有名な石川ひとみさんのレコーディング等の仕事をしながら、エンジニア仲間と会社を立ち上げる為の”資金作り”目的でアルバイトしていると聞いた・・・

とても親切な方で、いろいろ教えて頂いた。

うちの祖母からの信頼も厚く、よく我が家まで来てくれた。

Kさん、どうしているのかなあ・・・

結局、10年ぐらいは使ったかなあ・・・使いに使い過ぎて壊れたという感じ。

で、成人を迎えてちょっとしたぐらいの頃に ”新しいステレオセット” を購入することになるのだが、この時に購入したモノを今でも使っている。

当時はクラシック音楽(作曲の勉強をしていたこともあって)を聴くのがメインだったので・・・まあ、それなりにお高いタイプのアンプとスピーカー、CD(LD兼用)プレーヤーを購入した。

厳密に言えば、その後、CD(やはりLD兼用)プレーヤーだけは買い直している。

だから、現在でも使い続けているのはアンプとスピーカー・・・アンプなんか”ボリュームのガリ”が結構凄かったりするけどね。

そう言えば、スピーカーを買った時なんか、『冬のファンタジー』(懐かしい!)でお馴染みの”カズン”の女性ボーカル、いづみちゃんに軽自動車を運転してもらったんだっけ・・・車の荷台にスピーカー2台を詰め込んで(押し込んで?)、池袋のマルイから新宿の我が家まで運んでもらった。

このスピーカー(高さが1mぐらいあって、奥行きも40cmぐらいある)、死ぬほど重いんですよ・・・よく一人で2階まで運んだなあ・・・今なら絶対無理!

今って、こういったタイプのスピーカーってなかなか売ってないんだよね・・・まあ、かなりマニアックな専門店とか行けばあるんだろうけど。

まあ、その時のステレオを今でも使っているという次第であります、ハイ・・・で、こうなったら死ぬまで使ってやろうかと・・・壊れなければ・・・だけど。

だから、戦争で燃えて無くなってしまうのだけは絶対イヤだ!!

今の日本を見ていると ”危なっかしいなあ” と・・・

とりあえず、そろそろ ”持ち回りの総理大臣” と ”タレント議員” だけはやめて欲しいところだが・・・

執筆・撮影:関口純
(c)Rrose Sélavy