その他ライフスタイル 楽屋のひとりごと 連載

定番だけどやっぱり便利!PILOTのフリクションボールは役者の必需品です

人によるとは思いますが、ほとんどの役者はダメ出し(演技などの修正点を指摘してもらうこと)や演出の指示を台本にメモしているのではないでしょうか。

私が所属している楽劇座の場合、稽古中にセリフもどんどん変わっていったり追加になったりするので書き込みが膨大な量になることも……!

そんなときに便利だったのがパイロットの「消えるボールペン」、フリクションボールです。

スッと消える!

定番のステーショナリーなのでご存じの方も多いかと思いますが……フリクションボールの特徴は、トップ部分の専用ラバーでこすると消せること。

書いた文字をこするだけであっという間に消えてくれて、しかも消しゴムと違って消しカスなども出ないんです! 最初に使ったときは感動しました。

演劇の稽古中は、メモしなければならないことを一気に伝えられることも多いので、とにかくサッと書けてサッと消せるのが便利。

セリフが変わって、その後にまたさらにセリフが変わって……というときも、以前のメモを消せるので台本がごちゃごちゃになりません。もう、稽古のお供として手放せない1本です。

多色でカラー分け

フリクションからはいろんなシリーズが登場していますが、私が使っているのは多色ボールペンの「フリクションボール4」

4色を1本にまとめられるので、内容によって色分けできるのがすごく便利なんですよね。私の場合は……

黒→セリフの変更・追加
青→ダメ出しメモ
緑→動きの指示
赤→言い方やアクセントなどのメモ

と使い分けて、パッと見ただけで何のメモか分かるように工夫しています。

定番で便利!

筆記用具としても定番のボールペンですが、お稽古でもやっぱり便利。1本で書く・消すがサッとできて、ゴミも出ない……役者仲間に愛用者が多いのにも納得です。

もちろん絶対に消えてはいけない重要な書類や宛名書きには使わないように注意が必要ですが、今のところはかなり昔にメモしたものも消えずに残っているので、耐久性もあると思います。(ただし、高温になる場所に置いておくと消えるという噂もあるので、自己責任でしっかり保管しましょう!)

稽古の時のお供として、替え芯を使いながら、これからもずっとリピートしようと思っている逸品です。

参考リンク:PILOT
執筆・撮影:五條なつき
(c)Rrose Sélavy